はじめての太陽光発電

太陽光が電力に変わるまでをご説明します

太陽光発電は、今や国家事業のひとつであり、エネルギー消費国家である日本がエネルギーを算出する一つの手段です。

家庭用の太陽光発電では、自宅で利用する電気をまかない、かつ、余剰電力は、各地域の電力会社に買い取ってもらうことで、収入を得ることができます。
また、産業用は、安定的に売電による利回りを得ることができます。

環境にもやさしく、エネルギーを自ら創り出せる、頼りになるのが太陽光発電システムです。

太陽光発電のしくみを知ろう!

太陽光発電システムで発電~電気を使うまで

太陽光が電力に変わるまでをご説明します

太陽電池モジュール(屋根上)
太陽の光から電気を送ります。
分電盤(屋内)
ここから家中に電気を送ります。
買電・売電メーター(屋外)
発電が少ない時は、電力会社より電力を購入。発電量が多くて使いきれないときは、電力会社へ売ることができます。スマートメーターで自動的に区別を行います。
パワーコンディショナーと接続箱(屋外)
発電した電力を集め、実際に家庭で使用できる電力に変換します。
太陽光発電のしくみを知ろう!

※意外な節電効果
太陽光電池を屋根に設置することで、夏は遮熱・冬は断熱効果を得ることができます。これにより冷暖房でかかる電気代を節約することができます。

国際EAP振興協会

COOL CHOICE

Fun to Share

Copyright (C) 2014 株式会社ネクストイノベーション All Rights Reserved.