固定価格買取制度(全量買取制度)

全量買取で大量発電・売電が可能に!

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別設置法」に基づき、再生可能なエネルギーを用いて発電した電気を、国が定める価格で一定期間電気事業者が買取る事を義務付ける制度。

つまり、太陽光発電によって発電した電力を一定期間電力会社が買取ってくれることが法律で決まっています。

特に、10Kw以上の発電システムを導入した場合は、平成28年度であれば、1Kwあたり24円+(税)にて20年間買取りしてもらえます。
買取り価格は法律によって決定しますが、値上がりすることは考えにくいので、今が導入の最後のチャンスであること考えております。

国・自治体からの補助金について

発電した電気を売る「売電」で得をする

太陽光で発電した電力を運用してお得な生活を

全量買取制度

太陽光発電システムによって創り出した電力を電力会社に買い取ってももらうことを「売電」と言います。
売電には、2種類ありますが、発電するワット数によって1KWあたりの買取価格が変わってきます。
平成28年度分の買取価格は10kW以上で24円+(税)を20年、10kW未満(余剰)は出力制御対応機器設置義務なし地域(東電、中電、関電)は31円、出力制御対応機器設置義務ありは33円です。
詳しくは経済産業省の資源エネルギー庁のHPをご確認ください。
価格改定の度に、設置コストがダウンしているという観点から、買取価格は下がっていますので、導入を検討している場合は、今すぐご相談下さい。

*1kWh = 1時間につき1kW(キロワット)

「できるだけ多くの太陽光パネルを設置したいけれど、設置する屋根が無い」というお客様には、太陽光発電システム搭載のカーポート「SOLAR NEOPORT(ソーラーネオポート)」の設置をおすすめいたします。SOLAR NEOPORTについては【リフォームサービスページ】にて詳しい情報をご覧いただけます。

生産性向上設備投資促進税制

<平成28年4月1日から平成29年3月末日まで>

■対象設備

■利用できる方

青色申告をしている法人・個人事業主

国際EAP振興協会

COOL CHOICE

Fun to Share

Copyright (C) 2014 株式会社ネクストイノベーション All Rights Reserved.